K-pop

BIGBANGのおすすめ曲ランキングベスト10

韓国だけでなく日本をはじめ、世界中で大人気のダンスボーカルグループ”BIGBANG(ビッグバン)”。

K-POPを代表するようなビッグアーティストとなりましたが、バラードやダンスチューンなど素晴らしい楽曲をたくさんリリースしています。

今回はBIGBANGの楽曲の中で、おすすめの10曲(日本語バージョン)をランキング形式で紹介させていただきます。

 

BIGBANGについて

韓国の芸能事務所YGエンタテインメント所属の練習生が「BIGBANG The Beginning」というオーディション番組に出演し、現在のメンバー5人でBIGBANGが結成されます。

 

G-DRAGON(ジードラゴン)

本名:クォン・ジヨン
韓国活動名:G-DRAGON
生年月日:1988年8月18日
血液型:A型
身長:171cm

 

T.O.P(トップ)

本名:チェ・スンヒョン
韓国活動名:トップ
生年月日:1987年11月4日
血液型:B型
身長:175cm

 

SOL(ソル)

本名:トン・ヨンベ
韓国活動名:テヤン
生年月日:1988年5月18日
血液型:B型
身長:165cm

 

D-LITE(ディライト)

本名:カン・デソン
韓国活動名:テソン
生年月日:1989年4月26日
血液型:O型
身長:170cm

 

V.I(ヴィ・アイ)

本名:イ・スンヒョン
韓国活動名:スンリ
生年月日:1990年12月12日
血液型:A型
身長:168cm

 

2006年、1stシングル「BIGBANG」でデビュー。


2007年には1stミニアルバム「Always」収録の「LIES」が韓国チャートで7週連続1位を獲得し、この年の「Mnet KM Music Festival 2007」で最優秀楽曲賞、最優秀男性グループ賞、編曲賞を初受賞します。

2008年、1stミニアルバム「For The World」で日本デビューし、日本、韓国、タイ、シンガポール、インドネシアでアジアツアーを開催。

10月に日本語バージョンの1stアルバム「Number 1」をリリースし、この時点ではまだインディーズながら大阪城ホールでもライブを開催します。

 

2009年にはいよいよ日本でのメジャーデビューを果たし、メンバーは東京の白金で共同生活を始めます。

メジャー初となる日本での1stシングル「MY HEAVEN」はオリコンチャートで3位を獲得し、2ndシングル「ガラガラ GO!!」ではミュージックステーションにも初出演。

その年の日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞し、日本でも爆発的な人気を得るように。

 

2011年にはアメリカや欧米でも人気が出るようになり、アメリカの新人チャートでも7位を記録してヨーロッパの音楽式典でも賞を受賞するなど、ワールドワイドな人気を誇るようになっていきます。

以降、韓国や日本をはじめワールドツアーも行い世界で活躍していましたが、2018年12月現在V.I以外のメンバーが兵役で入隊中の為活動休止状態です。

BIGBANGのおすすめ曲ランキングベスト10

おすすめの10曲は日本語バージョンがあるものから選んでみました。

動画も日本語バージョンのものになっています。

また、リリースについては日本盤です。

 

10位 LOSER


2016年リリースの5thアルバム「MADE SERIES」に収録。

しばらくメンバーのソロ活動が続いていて、日本では3年8カ月ぶりとなる音源のリリースとなりました。

“LOSER”とは”敗者”のことです。

BIGBANGはどう考えても勝ち組なような気がしますが、そんな彼らでも寂しさや悩みをもっていて、それを表現したとのことです。

むしろ世界中で活躍する大規模なグループだからこそ感じてしまう負担というものがあって、そんなものも歌に込められています。

“正直世間とは折り合わないさ 愛なんてものは忘れたいんだ 時は流れ逆らえず これ以上聴いてられないラヴソング オレらは飼いならされてるよ 遊ばされてる悲しきピエロ”

そんな人気者になったことはないので実感したことはありませんが、有名人がゆえの悩みや寂しさというのはあるようにも思えます。

メンバーそれぞれの苛立ちや悲しみを表現したような、切なく悲し気なPVもとても印象的です。

 

9位 MY HEAVEN


2009年リリースのメジャー1stシングル「MY HEAVEN」に収録。

日本でのメジャーデビューシングルでしたが、初登場でオリコン週間チャート3位を獲得しました。

別れた恋人への切ない思いが綴られた切ないラブソングになっています。

“逢いたくて 逢いたくて あの海で待っているよ 君への想い 朝も昼も夜も 逢いたくて You are my heaven”

“ゴメン”というメッセージでフラれてしまっていて、一方的にフラれてしまった悲痛な思いが伝わってきます。

PVは日本と韓国で撮影されましたが、日本ではお台場が舞台になっていて馴染み深い映像になっています。

ちなみにG-DRAGONの相手役を務めているのは、まだ若手女優だった河北麻友子さんです。

 

8位 BLUE


2012年リリースの4thアルバム「ALIVE」に収録。

こちらもラブソングで別れについて歌われていますが、「MY HEAVEN」とは違って男性側から別れを切り出したような歌詞になっています。

なのに”冬から春に代わるというのに忘れられない”と綴られていて、そこにどうしようもなかったような状況があるようで余計に切なく感じます。

“出会ってから君を愛した 死ぬほど 今や青く染まり枯れ 君を感じられない心に 冬から春へ変わる 心は懐かしさであざだらけ”

痛みのある愛のストーリーですが、メンバー自身もそれまでの大変な思いをした日々を振り返って、寒い冬から暖かい春への希望を込めて「聴いた人に明るい気分になって欲しい」という気持ちでレコーディングしたそうです。

 

7位 BAD BOY


4thアルバム「ALIVE」に収録。

ラブソングでも男女のすれ違いについて歌われた曲です。

“君が愛すオレはSorry I’m a bad boy 離れたいなら行けばYou’re a good girl 時間たつと知れば知るほど期待を裏切る”

愛しているんだけど俺は悪い男(BAD BOY)だからと、相手を思いやるからこそ離れてほしいという想いが綴られています。

なかなか複雑な感じですが、そこまでできるということは逆にそれほどに愛しているということなのかもしれません。

歌詞は切ない雰囲気ですが、ヒップホップ・R&Bテイストのゆったりとした心地良いミッドチューンです。

 

6位 ガラガラ GO!!


2009年リリースの2ndシングル「ガラガラ GO!!」に収録。

オリコン週間チャート5位を記録し、初出演となったミュージックステーションで披露された曲です。

とりあえず”ガラガラ”という言葉がインパクトありますが、”ガラ”は韓国語で”行け”という意味で、日本語に訳すと”行け行け行け”とかなりイケイケな言葉になります。

また、英語の”gotta go(行かなきゃ)”もかけているのかもしれません。

“Oh!みんなで遊びに行こう 俺たちとcome on and let’s go 夏だぜパーティタイムだよ そして 踊れ!on dancefloor もっとmovein’ groovin’ イカしたbody”という歌詞の通り、とにかくアゲアゲのダンスチューンでライブでも盛り上がる曲です。

 

5位 IF YOU


2016年リリースの5thアルバム「MADE SERIES」に収録。

珍しいアコースティックサウンドで、BIGBANG史上最も切ないラブバラードです。

ストレートな生演奏的なトラックがいつも以上に歌をクリアに響かせています。

“IF YOU もしまだ間に合うならオレたちやり直せないか? IF YOU 同じ痛み お互いに感じてるのなら もう一度 いつだって優しくしてたら…”

それだけに歌詞もスッと耳に入ってきて、曲調も相まって胸を締めつけられるような切なさを感じてしまいます。

BIGBANGの新たな一面となった名曲です。

 

4位 声をきかせて


2009年リリースの3rdシングル「声をきかせて」に収録。

観月ありささん主演のドラマ「おひとりさま」のオープニングテーマに起用され、BIGBANG初のドラマタイアップ曲となりました。

ストリングスの響きが美しく、浮遊感のあるサウンドがとても心地良いです。

“声をきかせて 素直になればきっと分かりあえるはずさ ココロを開いて声をきかせて 歩いてきた道は僕たちにとってきっと 大切なSTEPさ その未来への”

今まで紹介した曲は別れの曲が多かったですが、大切な人への気持ちを歌った前向きで多幸感溢れるラブソングになっています。

優し気で暖かい歌詞と美しいメロディーが印象的なミディアムナンバーです。

 

3位 HaruHaru


4thアルバム「ALIVE」に収録。

タイトルは日本人だと”春春”と連想しますが、韓国語で”一日一日”の意味になります。

“どれだけの季節が過ぎ こんなにもキミを想い もう心壊れてしまえ 二度と会えないのなら

キミの影が映る月明かりがキレイで… キミよ…幸せになれ Haru Haru あの空へ…”

PVを見ることでさらに曲の世界観がわかりますが、あまりにも悲しすぎるストーリーになっています。

友達に彼女を奪われたかと思いきや、実は彼女は病気でわざと彼を遠ざけるためにしたことでした。

そして、彼は彼女が亡くなった後にそれを知るというお話なんですが、さすがにこれは切なすぎすね。

それゆえに”もう心壊れてしまえ 二度と会えないのなら”というフレーズが余計に響きます。

涙なしでは見れない印象的すぎるPVとなっています。

 

2位 BANG BANG BANG


5thアルバム「MADE SERIES」に収録。

BIGBANGの曲の中でも屈指のアッパーチューンです。

日本語詞はm-floのVERBALが担当しているので、よりヒップホップ感のある日本語詞になっていると思います。

“真夜中だ 目を覚ませ 波長が合うヤツ集まれ 今夜 楽しむため来たゲリラ 声枯れるまで騒ごうぜ”

原曲の歌詞の雰囲気やリズムを生かしつつ、日本語詞を作るってなかなか難しいことだと思いますが、うまく作られています。

EDM的なパワフルなサウンドと、メンバーのエネルギッシュなパフォーマンスが最高にカッコいい一曲です。

 

1位 FANTASTIC BABY


4thアルバム「ALIVE」に収録。

BIGBANGの楽曲の中でも最も有名な曲かもしれません。

「FANTASTIC BABY」のPVがYouTubeにアップされると一気に再生され、3週間ほどで1億再生を突破しました。

日本や中国、アジア各国での知名度も一気に高まり、世界的に大ヒットした曲となりました。

2018年12月現在、再生回数は3億7千万回を越え、日本語バージョンの方も1億回を越えるという、BIGBANGの曲の中でも最多の再生数を誇っています。

「BANG BANG BANG」同様、VERBALが日本語詞を担当しています。

“夜が来た 目覚ましな WE GOT PARTY LIKE LI LI LI LA LA LA 集まりな このPARTYはこれからさ LI LI LI LA LA LA 瞬間でキャッチしたその目はまだ遊び足りてない ALRIGHT 半分でも興味あるならば WE GO さぁ行こう 好きに騒ごう”

「BANG BANG BANG」で後にも続く、BIGBANGの魅力の一つの必殺ダンスチューンです。

まとめ

切ないラブバラードもアゲアゲのダンスチューンも見事に表現できるBIGBANGの実力の高さが伝わったでしょうか。

現在は活動休止状態で再び5人が揃うのは2020年以降とかなり先になってしまいますが、兵役を終えてさらにパワーアップしたメンバーの姿を楽しみに待っていましょう!