チェンソーマン

【チェンソーマン】レゼの死亡シーン

チェンソーマンの登場キャラクターであるレゼ。レゼは作中で死んでしまうキャラクターです。レゼの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

レゼの死亡シーン

ソ連のモルモットでデンジの心臓を奪うために放たれた刺客。デンジと電話ボックスで偶然出会い、デンジをデートに誘う。デンジに「危険な公安の仕事をやめ自分と二人で逃げよう」と持ちかけるがデンジに断られると、本性をあらわにし、ボムの悪魔に変身してデンジの心臓を奪おうとしていく。爆発攻撃で公安の人間を殺していき、デンジのことも追い詰めていくが、血を飲んで復活したデンジのチェンソーのチェーンで拘束されたまま海に飛び込まれ気を失い戦闘不能に。目を覚ますとデンジの心臓奪取は諦め姿を消していく。新幹線で東京を離れようとしたが、「今日の昼にあのカフェで待ってるから」と言うデンジの言葉を思い出し、働いてたカフェ二葉に向かう。が、カフェの目の前で大量のネズミの中から現れたマキマと天使の悪魔に殺されてしまった。