チェンソーマン

【チェンソーマン】サンタクロースの死亡シーン

チェンソーマンの登場キャラクターであるサンタクロース。サンタクロースは作中で死んでしまうキャラクターです。サンタクロースの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

サンタクロースの死亡シーン

ロシアが放った刺客。地獄の悪魔と契約してデンジを地獄に連れていき、闇の悪魔と契約し闇の悪魔の肉片を得る。闇の悪魔の力を得たことで強化された人形を駆使しながらデンジとクァンシを追い詰める。夜になったことでさらなる力を得るが、炎をまとったデンジの馬鹿げた攻撃によって再生不可能になり戦闘不能となる。人形たちは世界中いるのでサンタクロース自身が死んでも問題はなかったが、クァンシに従う魔人の一人であるコスモの能力で図書館のような精神世界に引き込まれる。そこは森羅万象の情報が集う場所で、ありとあらゆる知識を流し込まれたことでハロウィンのことしか考えられなくなり、そのまま燃えて死んでいった。