ハンターハンター

【ハンターハンター】蚯蚓の死亡シーン

ハンターハンターの登場キャラクターである蚯蚓。蚯蚓は作中で死んでしまうキャラクターです。蚯蚓の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

蚯蚓の死亡シーン

陰獣の1人。荒野でウボォーギンと交戦し、いきなりウボォーギンに殴られ顔が半壊するほどのダメージを受けるが、ウボォーギンの片腕を地中に引きずり込み身動きを封じる。が、超破壊拳で地面ごと粉砕されてしまう。アニメ版では即死は免れたが、下半身を失いながらも情報を他の陰獣に伝えて力尽きるシーンが描かれている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です