ハンターハンター

【ハンターハンター】パクノダの死亡シーン

ハンターハンターの登場キャラクターであるパクノダ。パクノダは作中で死んでしまうキャラクターです。パクノダの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

パクノダの死亡シーン

幻影旅団の一人。クロロをクラピカに人質に取られ、クロロ解放のためにクラピカとの取引に応じる。心臓に律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)を埋め込まれ、仲間にクラピカの情報を漏らすことを禁じられた。その後、ゴンとキルアの解放を条件にクロロを解放。クロロ解放後、旅団員に状況を伝えるため記憶弾(メモリーボム)で記憶を伝え、律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)が心臓に突き刺さり死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です