ハンターハンター

【ハンターハンター】ウボォーギンの死亡シーン

ハンターハンターの登場キャラクターであるウボォーギン。ウボォーギンは作中で死んでしまうキャラクターです。ウボォーギンの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

ウボォーギンの死亡シーン

幻影旅団の一人。陰獣との戦闘直後にクラピカの鎖に捕らえられ拉致される。その後、幻影旅団の仲間に救出されクラピカの居所を特定しクラピカと対決。が、クラピカの対幻影旅団員に特化した念能力と絶対時間(エンペラータイム)による戦略にハマり、捕まると強制絶状態となり鎖に捕まり身動きが取れなくなる。クラピカの質問には一切答えず、律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)が心臓に刺された後の質問にも答えなかったため、心臓に突き刺さり死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です