ジョジョ第2部

【ジョジョ第2部】死亡キャラクター・死亡シーン一覧

ジョジョ第2部の死亡キャラクターをまとめています。ジョジョ第2部の死亡キャラや死亡シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。

ジョジョ第2部の死亡キャラクター・死亡シーン一覧

作中で死んでしまうキャラクター

ストレイツォ

トンペティ老師の弟子。かつて見たディオの吸血鬼の力に憧れを抱き、スピードワゴンに呼ばれて柱に埋め込まれたサンタナと多数の石仮面を目の当たりにした際、弟子を殺害した後にスピードワゴンを襲撃し、石仮面を装着し吸血鬼となった。自身の脅威になるであろうと判断したジョセフの抹殺に向かうが、ジョセフに返り討ちにされ、自らの波紋の呼吸で命を絶った。

マルク

ナチスの軍人で真実の口があるコロッセオへの案内役として手配された。真実の口の中に入るが、すでに復活していたワムウの一触れで捕食され体を半分にされてしまう。辛うじて生きていたが、シーザーに殺してもらうことを懇願し、シーザーの波紋によって息を引き取った。

ロギンズ

波紋の師範代。ジョセフの最終試練の相手を務める予定だったが、試練前にエシディシに殺されてしまった。

他パートのジョジョの死亡キャラ情報はこちら

▼LINE登録でお得情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です