ナルト

【ナルト】死亡キャラクター・死亡シーン一覧

ナルトの死亡キャラクターをまとめています。ナルトの死亡キャラや死亡シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。

ナルトの死亡キャラクター・死亡シーン一覧

作中で死んでしまうキャラクター

元霧隠れの追い忍。波の国の大橋でサスケ・ナルトと交戦。九尾のチャクラをまとったナルトに追い詰められ自分を殺すよう促すが、再不斬の危機を察知しカカシの雷切を身代わりとなって食らい死亡した。

ガトー

海運会社ガトーカンパニーの経営者。大量のならず者を率いて再不斬もろともタズナを始末しようとするが、白の死体を蹴飛ばしたことが再不斬の逆鱗に触れ、再不斬にクナイで首を刎ねられ死亡した。

桃地再不斬

霧隠れの抜け忍。ガトーに雇われタズナ暗殺を請け負うが、カカシ率いる第七班に阻まれ敗北。白が死にカカシに追い詰められたところでガトーに裏切られるが、クナイでガトーの首を刎ねた後に力尽き、白の隣で白への想いを語りながら死亡した。

シグレ

雨隠れの下忍。中忍試験の第2試験で我愛羅と交戦し、我愛羅の砂瀑送葬によって死亡した。

バイウ

雨隠れの下忍。中忍試験の第2試験で我愛羅と交戦。シグレが殺された直後に我愛羅の砂に圧迫され死亡した。

ミダレ

雨隠れの下忍。中忍試験の第2試験で我愛羅と交戦。シグレが殺された後にミダレとともに我愛羅の砂で圧死させられた。

ドス・キヌタ

音隠れの忍。中忍試験第3試験予選突破後に本選一回戦目でサスケと当たるために我愛羅を夜襲。が、守鶴となった我愛羅に返り討ちにされ死亡した。

月光ハヤテ

中忍選抜第三試験予選の試験官を務めた特別上忍。カブトとバキが密会しているところを発見するも、バキにばれてしまい交戦の末に殺されてしまった。

ミドリ

草隠れの中忍。中忍試験を賭け試合として扱っており、第3試験本選の試合に向かう我愛羅の前に現れ、「この試合負けてくんねーか」と脅迫するが返り討ちにされ死亡した。

シバ

草隠れの中忍。中忍試験を賭け試合として扱っており、第3試験本選の試合に向かう我愛羅の前に現れ、ミドリとともに「この試合負けてくんねーか」と脅迫するが返り討ちにされ死亡した。

ザク・アブミ

サスケ殺害のため中忍試験に送り込まれた音忍。第三試験予選後、始末され大蛇丸の穢土転生の二代目火影の器にされていた。

キン・ツチ

サスケ殺害のため中忍試験に送り込まれた音忍。第三試験予選後、始末され大蛇丸の穢土転生の初代火影の器にされていた。

猿飛ヒルゼン(三代目火影)

三代目火影。中忍試験時に木葉崩しを目論む大蛇丸と交戦。屍鬼封尽で大蛇丸を道連れにしようとするが叶わず、大蛇丸の腕だけを封印し死亡していった。

羅砂(四代目風影)

テマリ・カンクロウ・我愛羅の父親で四代目風影。中忍試験開催前に大蛇丸によって殺されていた。

次郎坊

音の四人衆の一人。チョウジと交戦し呪印の力でチョウジを追い詰めるが、トンガラシ丸を口にし驚異的力を手にしたチョウジの一撃に敗北。その後、カブトの穢土転生で復活していることから、この一撃が原因か大蛇丸やカブトに始末されたのかは不明だが死亡している。

鬼童丸

音の四人衆の一人。サスケ奪還チームのネジと交戦し、ネジの白眼の死角を突いて追い詰めるが、決死の覚悟のネジの柔拳を食らい死亡した。

幻幽丸

大蛇丸に捕らえられていた人間の一人。大蛇丸の囚人同士の殺し合いで最後まで生き残るが、大蛇丸の器なり死亡した。

左近・右近

音の四人衆の一人。サスケ奪還チームのキバを追い詰めるが、救援に駆けつけたカンクロウと交戦。カンクロウの「黒秘技機々一発」にあっさり捕まり惨殺された。

多由也

音の四人衆の一人。サスケ奪還チームのシカマルと交戦し追い詰めるが、救援に駆けつけたテマリの「口寄せ・斬り斬り舞」によって敗北。その後の生死は不明だったが、カブトの穢土転生で復活していたので、この時に死亡したか大蛇丸やカブトに始末されたと考えられる。

君麻呂

音の五人衆のリーダー。サスケを迎え入れるために音の四人衆の元に向かい、多由也からサスケが入った棺桶を受け取るも、ナルト・ロック・リー・我愛羅と順に交戦。呪印と骨を使った血継限界で我愛羅の砂を攻略し、早蕨の舞で後一歩のところまで追い詰めたが、すでに犯されていた病によって死んでしまった。

由良

砂隠れの上忍。デイダラが我愛羅を狙った際にスパイとしての記憶を復活させられ、デイダラとサソリが砂隠れの里に侵入する手引きをする。その後、象転の術の生け贄にされ死亡した。

サソリ

砂隠れの抜け忍で暁の一員。我愛羅捕獲後に追ってきたサクラ・チヨ婆と交戦し、手持ちの人傀儡が破壊され傀儡化させた自らの体で応戦。サクラとチヨ婆を追い詰めるが、肉親であるチヨ婆にとどめを刺すことに一瞬迷いが生じ、チヨ婆の操るサソリの父と母の人傀儡に弱点部を貫かれ死亡した。

チヨバア

サソリの祖母。サクラとともにサソリと交戦し、サソリの父と母の傀儡で核を貫き撃破。その後、尾獣を抜かれたことで死んでしまった我愛羅を蘇生させるため己生転生を使い死亡した。

地陸

かつて火の国の守護忍十二士に選ばれた火ノ寺の僧侶。火ノ寺に現れた飛段・角都を迎撃しようとするが、返り討ちにされ死亡した。

猿飛アスマ

木の葉隠れの上忍。火の国に侵入した飛段と交戦するも、角都の救援によって窮地に立たされる。飛段の呪いによって心臓を刺され致命傷を負い、教え子たちに言葉を残し死んでいった。

二位ユギト

雲隠れの里の忍で二尾の人柱力。角都と飛段の襲撃を受け捕縛され、二尾を抜かれ死亡した。

角都

滝隠れの抜け忍で暁の一員。カカシが加わったアスマ班と飛段とともに交戦し、アスマ班を追い詰めるが救援に駆けつけたナルトと交戦。ナルトが身につけた新術風遁・螺旋手裏剣を食らい致命傷を負い、カカシの雷切でとどめを刺され死亡した。

老紫

四尾の人柱力。鬼鮫と交戦し敗北。四尾を抜かれ死亡した。

デイダラ

岩隠れの抜け忍で暁の一員。サスケと交戦しとっておきの起爆粘土C4を繰り出すが、サスケの写輪眼と雷遁に追い詰められる。最後はサスケの態度にブチギレ、COを発動し爆死した。

マンダ

大蛇丸が口寄せする大蛇。サスケにデイダラのCOの爆発の盾にされ死亡した。

自来也

木の葉隠れの伝説の三忍の一人。暁のリーダーペインの情報を求め、単身雨隠れの里に潜入しペインと交戦。仙人モードで挑むが、六体のペインを前に追い詰められ、最期はフカサクの背にペインの秘密を記した暗号を刻み深海に沈みながら死んでいった。

うちはイタチ

うちはサスケの兄で暁の一員。うちはの聖地にてサスケと交戦し、サスケの奥の手である麒麟を須佐能乎で防ぐ。チャクラ切れによってサスケの中から出現した大蛇丸を須佐能乎の霊剣・十拳剣で封印し、身動きが取れなくなったサスケを須佐能乎で追い詰めるが、すでに病気によって限界を迎えておりサスケの眼に天照を仕込み死んでいった。

ジェイ

雲隠れの里の上忍。キラービーを倒した鷹を尾行しアジトを見つけるが、香燐に感知されサスケたちに殺された。

アジサイ

雨隠れの下忍のくノ一。中忍試験後、S級任務を与えられ戦死した。その後、ペインの畜生道の素体とされている。

コウスケ

連絡蝦蟇。ペインの襲撃を受け妙木山で修行するナルトを呼びにいこうとするが、ダンゾウに殺害され阻止された。

長門(ペイン)

暁のリーダーでペインの本体。九尾を奪うためペイン六道で木ノ葉の里を襲撃し、妙木山で仙人モードを会得してきたナルトと交戦。九尾の力が暴走したナルトに地爆天星という大技まで仕掛けるが拘束することはできず、四代目火影のおかげで正気に戻ったナルトに最後のペイン天道が敗北。仙人モードによる逆探知で長門本体の居場所を突き止められ、ナルトとの問答を経てナルトを信じることに決め、外道・輪廻天生の術で自分が殺めた木ノ葉の人間たちを復活させ死亡した。

志村ダンゾウ

木ノ葉の根のリーダー。五影会談から逃亡後、サスケと交戦。サスケの須佐能乎や幻術によってイザナギが攻略され致命傷を負う。追い詰められ香燐を人質に逃亡を目論むが、サスケの千鳥で香燐ごと貫かれる。最期はサスケとマダラを道連れにすべく裏四象封印術を発動し死亡した。

干柿鬼鮫

霧隠れの里の抜け忍で忍刀七人衆の一人。キラービーと交戦後、ビーが戦利品として得た鮫肌に潜み島亀でスパイ活動を行う。九尾の力を得たナルトの感知能力で鮫肌に潜んでいることを見抜かれ、撤退を試みるが偶然居合わせたガイと交戦。ガイの昼虎の前に敗れ拘束されるが、自ら口寄せした鮫に自身を捕食させ死亡した。

小南

暁の一員。輪廻眼を回収しに来たトビと交戦。約10分間爆発し続ける起爆札の海に落とし追い詰めるが、イザナギによって現実を書き換えられ刀で刺され致命傷を負う。そして、幻術によって長門の遺体の所在を吐かされ殺された。

作中時点ですでに死んでいるキャラクター

カイザ

イナリに父親同然に慕われていた波の国の漁師。波の国に英雄として慕われていたが、国にやって来たガトーに国の秩序を乱した反逆者の汚名を着せられ公開処刑で殺された。

日向ヒザシ

日向一族の分家の人間で、日向ネジの父親。雲隠れの里から「白眼」欲しさに日向ヒアシの死体を要求された際、ネジや兄弟、家族、そして里を守るためにヒアシの影武者となることを選び死亡した。

夜叉丸

砂隠れの忍で加瑠羅の弟。四代目風影の命で我愛羅暗殺を試みるが失敗し、死の間際、実は我愛羅実を心底憎んでいたという真実を告げ、我愛羅にトラウマを与えながら爆死した。

ミソノあさげ

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

梅星にぎり

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

伊賀シノビ

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

蝶野アゲハ

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

真臼ネズミ

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

あじヒラキ

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

霧ハサミ

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

目空ウロコ

木の葉の里の忍。詳細は不明だが、慰霊碑に名前が刻まれているので戦死している。

うちはフガク

うちは一族の人間で、サスケ・イタチの父親。クーデターを計画するが二重スパイとなっていたイタチに抹殺された。

うちはミコト

イタチ・サスケの母親。うちは一族のクーデターを止めるべく、二重スパイとなっていたイタチにフガクとともに殺された。

縄樹

綱手の弟。12歳の誕生日の翌日、第二次忍界大戦の戦いで戦死した。

加藤ダン

綱手の恋人でシズネの叔父。敵戦線での任務中に致命傷を負い、綱手による治療を受けるがすでに臓器が吹き飛ばされており助からず死亡した。

マヒル

岩隠れの上忍。第三次忍界大戦で偵察に向かったところミナト班と交戦し、ミナトの瞬身の術で一瞬にして背後を取られ殺された。

はたけサクモ

はたけカカシの父親。とある任務で「仲間の命」と「任務遂行」の二択を迫られ、「仲間の命」を選び任務を中断する。そのせいで火の国中から誹謗中傷を浴び、心身を病み自害してしまった。

タイセキ

岩隠れの上忍。第三次忍界大戦で拠点となる洞窟に迫ってきたカカシとオビトに迷彩隠れの術で応戦。写輪眼を開眼したオビトに動きを見切られ、クナイで刺され死亡した。

カッコウ

岩隠れの上忍。第三次忍界大戦で拠点の洞窟までやって来たカカシとオビトと戦い、リンを奪い返されたところで土遁・岩宿崩しの術で洞窟を崩落させる。崩落した洞窟から脱出したカカシの千鳥を食らい死亡した。

ヒルコ

サソリの傀儡の一つ。人傀儡なので、詳細は不明だがサソリに敗れ殺されている。

三代目風影

三代目風影。ある日突然砂隠れの里から姿を消すが、サソリに殺され人傀儡にされていた。

モンザエモン

傀儡の術初代操演者。詳細は不明だが初代操演者であることからすでに死亡していると思われる。

シン

サイと兄弟のような間柄だった根のメンバー。最終試験の決闘を前に病死した。

うちはヒカク

戦乱の時代のうちは一族の一人。詳細は不明だが、戦乱の時代の人間であることからすでに死亡していると思われる。

うちはイナビ

うちはの警備部隊の一人。フガクとともにクーデターを企てていたため、イタチによって抹殺された。

うちはテッカ

うちはの警備部隊の一人。フガクとともにクーデターを企てていたため、イタチによって抹殺された。

うちはヤシロ

うちはの警備部隊の一人。フガクとともにクーデターを企てていたため、イタチによって抹殺された。

チビ

長門の犬。木の葉の忍と半蔵の戦いに巻き込まれて死亡した。

弥彦

雨隠れの里の孤児で暁の創設者。暁結成後、木ノ葉のダンゾウと手を組んだ半蔵に小南を人質に取られ、長門に弥彦を殺すよう要求される。長門が躊躇っているを見て、自ら長門のクナイに刺されていき死亡した。

千手扉間(二代目火影)

千手柱間の弟で二代目火影。雲隠れの里と和平協定を結ぼうとするも、会談時にクーデターを起こした金角・銀角に追われていく。ヒルゼンら木ノ葉の仲間を逃がすため自ら囮となり、その後里に戻ってきているが、おそらくその時の傷が原因で死亡している。

フルイ

モトイの父親。ブルービーの八尾暴走を止めようとし死亡した。

フカイ(ブルービー)

エーの従兄弟でビーの先代の八尾の人柱力。30年前に八尾を暴走させ死亡した。

猿飛サスケ

猿飛ヒルゼンの父親。詳細は不明だがヒルゼンの父なのですでに死亡していると思われる。

猿飛ビワコ

猿飛ヒルゼンの妻。うずまきクシナの出産の際、九尾の封印が弱まることに備えてタジと共に出産に立ち会うが、トビの襲撃を受け死亡した。

タジ

ヒルゼン直轄の暗部。クシナが出産の際、ビワコと共に立ち会うがトビの奇襲を受け死亡した。

うみのコハリ

うみのイルカの母親。九尾に里を襲われた際に戦い死亡している。

うみのイッカク

うみのイルカの父親。九尾に里を襲撃された際に戦死した。

波風ミナト(四代目火影)

四代目火影にしてうずまきナルトの父親。クシナがナルトを出産する際、トビの襲撃を受け九尾の封印が解かれ里が襲われる。九尾の暴走を止めるため、屍鬼封尽でナルトに封印し、封印の代償で死亡した。

うずまきクシナ

うずまきナルトの母親。ナルト出産時にトビに襲われ、体から九尾を抜かれてしまう。ミナトと共に屍鬼封尽で九尾をナルトに封印することを決め、ナルトに別れの言葉を告げ自分たちの意思とチャクラをナルトに封印し息絶えていった。

 

西瓜山河豚鬼

干柿鬼鮫のかつての上司。四代目水影の命を受けた鬼鮫によって抹殺された。

美瑠

霧隠れの里の暗号部に所属していたくノ一。森乃イビキ率いる木ノ葉隠れの部隊に襲われ包囲された際、情報漏洩を防ぐため「仲間殺し」の密命を受けていた鬼鮫の手によって口封じのため殺された。

他作品の死亡キャラ情報はこちら

▼LINE登録でお得情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です