終末のワルキューレ

【終末のワルキューレ】ハデスの死亡シーン

終末のワルキューレの登場キャラクターであるハデス。ハデス天は作中で死んでしまうキャラクターです。ハデスの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

ハデスの死亡シーン

ゼウス・アダマス・ポセイドンの兄にして冥界の王。ラグナロク第7回戦で神側代表として始皇帝と交戦。始皇帝の神器「神羅鎧袖」を破り追い詰めたが、神羅鎧袖欠改 始皇勾践剣による承力天鳳に波流亀を加えた奥義でデスモスを破壊される。最期は始皇帝を「それでこそ王だ」と認めながら斬られ死亡した。

▼LINE登録でお得情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です