約束のネバーランド

【約束のネバーランド】シスター・クローネの死亡シーン

約束のネバーランドの登場キャラクターであるシスター・クローネ。シスター・クローネは作中ですでに死んでしまっているキャラクターです。シスター・クローネの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまっているか振り返りたい方はご参考ください。

シスター・クローネの死亡シーン

イザベラの要請で本部から派遣された補佐役のシスター。イザベラを失脚させ、ママの地位を奪おうと画策するが、イザベラに用済みと判断され第4プラントのママに任命される。出荷される中、グランマにイザベラのミスの証拠を突きつけるが、イザベラとグルだったグランマに「イザベラの邪魔をされると私が困る」と証拠は握り潰され、鬼によって殺された。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です