進撃の巨人

【進撃の巨人】ゲルガーの死亡シーン

進撃の巨人の登場キャラクターであるゲルガー。ゲルガーは作中で死んでしまうキャラクターです。ゲルガーの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

ゲルガーの死亡シーン

調査兵団の兵士。ウォール・ローゼ内に巨人が出現したことでミケに南班を任され、壁の破壊箇所の特定に向かう。後にナナバ率いる西班と合流し、日が暮れてしまったこともありウトガルト城で休息を取ることにする。しかし、突如巨人の群れが出現したため巨人と交戦していく。塔という恵まれた立地条件を活かしてナナバらと連携を取りながら巨人を次々に討伐していくが、リーネとヘニングが獣の巨人の投石攻撃で死亡し、さらに多い巨人の群れが現れたため、徐々に追い込まれガスも刃も消耗し満身創痍となってしまう。頭を打ってフラフラな状態のゲルガーは塔の中で酒を見つけ、最期に酒を飲もうとするが酒はライナーの怪我の治療に使われすでに空で飲むことはできず、そのまま巨人に捕食され死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です