進撃の巨人

【進撃の巨人】死亡キャラクター・死亡シーン一覧

進撃の巨人の死亡キャラクターをまとめています。進撃の巨人の死亡キャラや死亡シーンを振り返りたい方はご参考ください。

進撃の巨人の死亡キャラクター・死亡シーン一覧

モーゼス・ブラウン

調査兵団の一員。壁外調査で巨人で交戦し死亡。他の隊員に片手だけ持ち帰られた。

カルラ・イェーガー

エレンの母親。超大型巨人が壁を蹴破ったことで侵入して来た巨人に捕食されて死亡。

トーマス・ワグナー

トロスト区防衛戦でエレンと同じ34班に配属された訓練兵。巨人と交戦するが、奇行種にあっさり捕食されて死亡する。

ミリウス・ゼムルスキー

トロスト区防衛戦でエレンと同じ34班に配属された訓練兵。トーマスを捕食した巨人と戦うが、あっさり捕まり捕食されてしまった。

ナック・ティアス

トロスト区防衛戦でエレンと同じ34班に配属された訓練兵。トーマスを食べた巨人と戦うが、あっさり捕まり捕食された。

ミーナ・カロライナ

トロスト区防衛戦でエレンと同じ34班に配属された訓練兵。巨人にワイヤーを引っ張られ壁に激突。身動きが取れないまま現れた巨人に捕食された。

フランツ・ケフカ

104期訓練兵の一人。詳細は描かれていないが、トロスト区防衛戦で巨人に下半身を捕食されて死亡している。

トム

104期訓練兵の一人。ガス切れで建物に登れなくなり、巨人に捕食された。

ミタビ・ヤルナッハ

駐屯兵団の精鋭。トロスト区奪還戦で班長を務め、大岩を運ぶエレンから巨人を引き離すために囮となり、捕食されて死亡した。

イアン・ディートリッヒ

駐屯兵団精鋭部隊の班長。トロスト区奪還戦で、ミタビ班が大岩を運ぶエレンの囮となっているのを見て、自らも囮となることを決め、巨人に捕食されて死亡した。

イルゼ・ラングナー

調査兵団の女兵士。第34回壁外調査で帰還時に所属班が壊滅。徒歩で壁への帰還を目指していた途中で巨人と遭遇し、捕食された。

ルーク・シス

調査兵団の兵士。第57回壁外調査で、女型の巨人と交戦し、うなじ目掛けて斬りかかろうとしたところを握り潰され死亡。

ディータ・ネス

調査兵団の兵士。第57回壁外調査で女型の巨人と交戦し、ワイヤーを捕まれて地面に叩きつけられ死亡した。

ダリウス・ベーア=ヴァルブルン

調査兵団の兵士。第57回壁外調査で、女型の巨人の危険性を見て報告に向かおうとするが、女型の巨人に馬ごと蹴り上げられ死亡した。