進撃の巨人

【進撃の巨人】始祖ユミルの死亡シーン

進撃の巨人の登場キャラクターである始祖ユミル。始祖ユミルは作中で死んでしまうキャラクターです。始祖ユミルの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

始祖ユミルの死亡シーン

エルディア人の祖先にして巨人の力を初めて得た少女。巨人の力を得た後、フリッツ王に軍事利用され、エルディアの領地の拡大に貢献。活躍を認められた始祖ユミルはフリッツ王に娶られ、マリア・ローゼ・シーナの3人の娘を出産する。その後もエルディアの発展に貢献していくが、13年後、投降した敵兵が地面に隠していた槍をフリッツ王に投げつけるのを身を呈して庇う。巨人の力を有する始祖ユミルは本来槍を直撃しても死ぬことはなかったが、フリッツ王の「起きて働け」「お前はそのために生まれてきたのだ」「我が奴隷ユミルよ」という言葉を聞き、眠るように生き絶えていった。しかし、死後も道に囚われ、王家の人間の命令にただ従うだけの奴隷として巨人を作り続けている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です