鬼滅の刃

【鬼滅の刃】黒死牟の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターである黒死牟。黒死牟は作中で死んでしまうキャラクターです。黒死牟の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

黒死牟の死亡シーン

十二鬼月上弦の壱。無限城での戦いでは、時透無一郎と不死川玄弥を簡単に倒し、駆けつけた不死川実弥も追い詰めるが、さらに戦いに加わった鬼殺隊最強の男悲鳴嶼行冥と対決。痣を発現させた実弥と嶼行冥を圧倒的な力で追い詰めていくが、無一郎が最後の力を振り絞って発現させた赫刀と玄弥の血鬼術による拘束もあり、悲鳴嶼と実弥に頚を斬られる。が、頚の弱点を克服し異形な姿となり頭を再生させるが、刀に映った自身の姿を見て「何だこの醜い姿は」と戸惑いを見せる。その後、無一郎の赫刀の効果で身体の一部が崩れた隙に、悲鳴嶼と実弥に攻撃され、「縁壱になりたかった」という想いを残し塵となっていった。