鬼滅の刃

【鬼滅の刃】死亡キャラクター・死亡シーン一覧

鬼滅の刃の死亡キャラクターをまとめています。鬼滅の刃の死亡キャラや死亡シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。

鬼滅の刃の死亡キャラクター・死亡シーン一覧

竈門葵枝

竈門炭治郎の母親。炭治郎が炭を売りに家を離れた際に鬼舞辻無惨に家を襲われ死亡した。

竈門花子

竈門炭治郎の妹。炭治郎が炭を売りに家を離れた際に鬼舞辻無惨に家を襲われ死亡した。

竈門竹雄

竈門炭治郎の弟。炭治郎が炭を売りに家を離れた際に鬼舞辻無惨に家を襲われ死亡した。

竈門茂

竈門炭治郎の弟。炭治郎が炭を売りに家を離れた際に鬼舞辻無惨に家を襲われ死亡した。

竈門六太

竈門炭治郎の弟。炭治郎が炭を売りに家を離れた際に鬼舞辻無惨に家を襲われ死亡した。

お堂の鬼

炭治郎が狭霧山に向かう途中のお堂にいた鬼。頭を飛ばされ斧で固定されたまま朝を迎え、太陽の光で消滅していった。

錆兎

鱗滝の弟子の一人。鱗滝の修行を受ける炭治郎の前に現れるが、すでに死んでいることが鱗滝の口から明かされる。

真菰

鱗滝の弟子の一人。鱗滝の修行を受ける炭治郎の前に現れるが、すでに死んでいることが鱗滝の口から明かされる。

手鬼

鬼殺隊最終選別の舞台である藤襲山に生息していた鬼。炭治郎との戦いに敗れて死亡した。

里子

和巳の婚約者だった女性。沼鬼に捕食されて死んでしまった。

沼鬼

炭治郎が鬼殺隊に入隊して初めての任務で赴いた町に現れた鬼。炭治郎と禰豆子に追い詰められ、炭治郎に頚を斬られて死亡した。

矢琶羽

浅草で無惨が炭治郎を殺す刺客として放った鬼。自身の血鬼術紅潔の矢を利用され、炭治郎に頚を斬られて死亡した。

朱紗丸

浅草で無惨が炭治郎を殺す刺客として放った鬼。珠世の白日の魔香で無惨の名前を口にしてしまい、無惨の呪いによって死んでしまった。

舌鬼

鼓屋敷に現れた舌の長い鬼。清を食べようとするが善逸の霹靂一閃で頚を斬られて死亡した。

角鬼

鼓屋敷に現れた角の生えた鬼。伊之助の獣の呼吸 参ノ牙 喰い裂きで頚を斬られて死亡した。

響凱

鼓屋敷の主の鬼。炭治郎と交戦するが、隙の糸を嗅ぎ取られて頚を斬られて死亡した。

尾崎

那田蜘蛛山の鬼の討伐任務に参加していた女隊士。母蜘蛛に操られ、首を折られて死亡した。

母蜘蛛

那田蜘蛛山を縄張りとする十二鬼月、累の母役の鬼。炭治郎が現れると自ら頚を差し出し、干天の慈雨で頚を斬られて死亡した。

兄蜘蛛

那田蜘蛛山を縄張りとする十二鬼月、累の兄役の鬼。善逸と交戦。気を失って覚醒した善逸の雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 六連で頚を斬られ死亡した。

累に刻まれた隊士

那田蜘蛛山の任務に参加した隊士。通称サイコロステーキ先輩。累に斬りかかろうとするが、逆に累の糸で斬り刻まれてバラバラにされた。

父蜘蛛

那田蜘蛛山を縄張りとする十二鬼月、累の父役の鬼。伊之助との交戦中に駆けつけた冨岡義勇の水の呼吸 肆ノ型 打ち潮で頚を斬られて死亡した。

姉蜘蛛

那田蜘蛛山を縄張りとする十二鬼月累の姉役の鬼。胡蝶しのぶの蟲の呼吸 蝶ノ舞 戯れで毒を打ち込まれて死亡した。

十二鬼月下弦の伍。炭治郎を追い詰めるが、戦いの途中で駆けつけた冨岡義勇の水の呼吸 拾壱ノ型 凪で頚を斬られて死亡した。

釜鵺

十二鬼月下弦の陸。無惨に招集された際、自身の思考を読み取られて無惨の怒りを買い粛清された。

零余子

十二鬼月下弦の肆。累がやられ無惨によって下弦の鬼が招集された時に粛清されてしまった。

病葉

十二鬼月下弦の参。無惨が下弦の鬼を無限城に招集した際に粛清された。

轆轤

十二鬼月下弦の弐。無惨が下弦の鬼を招集した際に粛清された。

魘夢

十二鬼月下弦の弐。無限列車と融合して炭治郎らと対峙するが、伊之助に弱点の位置を探知され頚を斬られて死亡した。

煉獄瑠火

煉獄杏寿郎の母親。千寿郎が幼い頃に病で死んでおり、作中時点ではすでに故人。

煉獄杏寿郎

鬼殺隊の炎柱。無限列車の魘夢を倒した後に突如現れた猗窩座との戦いで致命傷を受け死んでしまった。