鬼滅の刃

【鬼滅の刃】鳴女の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターである鳴女。鳴女は作中で死んでしまうキャラクターです。鳴女の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

鳴女の死亡シーン

半天狗死亡後に十二鬼月上弦の肆となった鬼。伊黒と甘露寺との戦闘中、こっそりと接近された愈史郎に脳を乗っ取られて視界を操作され、無限城の制御も奪われる。無惨は鳴女を通して愈史郎の細胞を吸収して阻止しようとするが、愈史郎から鳴女の制御権を奪えなかったため、鳴女の細胞を死滅させた。