鬼滅の刃

【鬼滅の刃】轆轤の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターである轆轤。轆轤は作中で死んでしまったキャラクターです。轆轤の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

轆轤の死亡シーン

十二鬼月下弦の弐。累がやられた際に無惨が下弦の鬼を無限城に招集。次々に下弦の鬼が粛清されるのを見て、「貴方様の血を分けて戴ければより強力な鬼となり戦います」と無惨に懇願するが、「なぜ私がお前の指図で血を与えねばならんのだ」と無惨の怒りを買い粛清された。