鬼滅の刃

【鬼滅の刃】不死川玄弥の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターである不死川玄弥。玄弥は作中で死んでしまうキャラクターです。玄弥の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

不死川玄弥の死亡シーン

竈門炭治郎の同期の鬼殺隊士。無限城の戦いで黒死牟と対峙するが、まったく相手にならず腕と胴を切断される。負傷しつつも、戦闘中に落ちた黒死牟の髪と刃を喰らい戦線に復帰。銃弾を撃ち込むことで相手を樹木で拘束する血鬼術を習得し、黒死牟の動きを止め勝利に貢献する。しかし、黒死牟が体中から刃を出した時に出た斬撃で頭から真っ二つに斬られたことが致命傷となり、戦闘後兄の実弥に過去の謝罪と感謝の言葉を告げ、鬼のように崩れていった。