鬼滅の刃

【鬼滅の刃】珠世の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターである珠世。珠世は作中で死んでしまうキャラクターです。珠世の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

珠世の死亡シーン

無惨の呪いを解除した女性の鬼。産屋敷輝哉が無惨を巻き込んで自爆。それによって生じた隙で、自身の拳ごと無惨に鬼を人間に戻す薬を吸収させる。一時無惨を肉の繭状態とさせるが、繭の中で薬を分解され時間経過とともに復活。珠世自身もほぼ取り込まれ、復活した無惨に残っていた顔を潰され殺された。