呪術廻戦

【呪術廻戦】陀艮の死亡シーン

呪術廻戦の登場キャラクターである陀艮。陀艮は作中で死んでしまうキャラクターです。陀艮の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

陀艮の死亡シーン

海への恐れから生まれた未登録の特級呪霊。渋谷事変で直毘人、七海、真希と戦闘になり、追い詰められた末に呪胎から変態を遂げる。それでも3人の連携に追い詰められたので、領域を展開し3人を領域に閉じ込め、術式の必中効果で逆に3人を追い詰めていく。が、領域に侵入してきた伏黒の領域展開で必中効果を無効化され、領域から脱出しようと縁に穴を作ったことで伏黒甚爾が乱入。真希から特級呪具游雲を奪った甚爾の圧倒的強さの前に敗北し死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です