呪術廻戦

【呪術廻戦】死亡キャラクター・死亡シーン一覧

呪術廻戦の死亡キャラクターをこちらにまとめています。呪術廻戦の死亡キャラや死亡シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。

呪術廻戦の死亡キャラクター・死亡シーン一覧

金森

夏油の宗教団体に寄付金を払っていた男。寄付金の支払いに限界がきてしまったため、夏油に用済みと判断され呪霊に殺された。

夏油傑

特級呪詛師。乙骨との戦いに敗北し、敗走中に現れた五条悟にトドメを刺され師亡した。

祈本里香

乙骨憂太に憑く特級過呪怨霊。百鬼夜行の夏油との戦いの後、乙骨が主従関係を破棄したことで解呪され成仏された。

岡崎正

英集少年院の在院者。特級呪物に殺された。

佐山

吉野順平をいじめていた学生の一人。映画館で騒いでいたため、真人の無為転変で殺された。

西村

吉野順平をいじめていた学生の一人。映画館で騒いでいたため、真人の無為転変で殺された。

本田

吉野順平をいじめていた学生の一人。映画館で騒いでいたため、真人の無為転変で殺された。

吉野凪

吉野順平の母親。虎杖を家に呼んだ日、テーブルに置かれた宿儺の指に引き寄せられた呪霊に殺されてしまった。

吉野順平

里桜高校に通う高校生。虎杖との戦いの途中で現れた真人の無為転変で無理やり姿を変えられ死亡した。

金田太一

浦見中学校の卒業生。自宅マンションのエントランスに出現した呪霊に刺殺された。

島田治

浦見中学校の卒業生。自宅マンションのエントランスに出現した呪霊に刺殺された。

大和広

浦見中学校の卒業生。自宅マンションのエントランスに出現した呪霊に刺殺された。

森下

浦見中学校の卒業生。自宅玄関に出現した呪霊に殺された。

血塗

呪胎九相図3番が受肉した呪霊。八十八橋に出向いた時に虎杖&釘崎と交戦し、釘崎の簪でトドメを刺され死亡した。

壊相

呪胎九相図2番が受肉した呪霊。八十八橋で虎杖&釘崎と交戦し、釘崎の共鳴りを喰らった隙に虎杖にトドメを刺され死亡した。

天内理子

星漿体の少女。薨星宮で甚爾の銃撃を食らって死亡。

伏黒甚爾(禪院甚爾)

伏黒恵の父親。覚醒した五条と戦い敗北。茈で左半身を失ったことで敗北を認め、五条にトドメを刺された。

灰原雄

呪術高専の2級呪術師。七海と共に向かった任務で想定外に強力な呪霊と対峙し、命を落とした。

園田茂

盤星教の代表役員。夏油が宗教団体を乗っ取ろうとした際に反対したため、夏油に壇上に上げられ殺された。

与幸吉

呪術高専京都校2年生で準1級呪術師。究極メカ丸 絶対形態に乗り込み真人と戦うが、真人の無為転変を喰らって死亡した。

花御

森への恐れから生まれた特級呪霊。渋谷駅で漏瑚・脹相と共に五条と対峙するが、五条の術式に押し潰されて死亡した。

蝗GUY

蝗害への恐れから生まれたバッタの呪い。明治神宮前駅の地下4階で、嘱託式の帳の基を守っていたが、虎杖との戦いに敗れて死亡。

疱瘡神

特級特定疾病呪霊。渋谷事変で夏油が冥冥らの足止めのために放ったが、冥冥の神風(バードストライク)で貫かれ死亡。

オガミ婆

渋谷事変で呪霊たちに協力していた呪詛師の一人。渋谷事変で降霊術で孫に禪院甚爾を降ろすが、禪院甚爾が魂を上書きしたことで指図されたことに腹を立て殺されてしまった。

陀艮

海への恐れから生まれた未登録の特級呪霊。渋谷事変で直毘人、七海、真希、伏黒恵との戦闘中に領域に侵入してきた伏黒甚爾によって殺された。

美々子

菜々子と常に行動を共にする夏油一派の一人。渋谷事変で宿儺に指図してしまったために怒りを買い殺された。

菜々子

美々子と常に行動を共にする夏油一派の一人。渋谷事変で宿儺の怒りを買い菜々子が殺されたことに逆上し、スマホを向け術式を発動しようとするが発動する前に宿儺に殺された。

オガミ婆の孫

オガミ婆の孫。渋谷事変で禪院甚爾を降ろされ、伏黒恵との戦いの中で自決したことで肉体のオガミ婆の孫も死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です