呪術廻戦

【呪術廻戦】壊相の死亡シーン

呪術廻戦の登場キャラクターである壊相。壊相は作中で死んでしまうキャラクターです。壊相の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

壊相の死亡シーン

呪胎九相図2番が受肉した呪霊。血塗と共に宿儺の指を回収するために八十八橋に向かった際に虎杖&釘崎と交戦。朽で二人を追い詰めていくが、釘崎の芻霊呪法と虎杖の黒閃によって右手を失う。血塗が釘崎の簪によって殺され、自身が負傷していることもありたまたま通りかかった軽トラに乗って逃げようとするが、右腕を置いてきてしまったことで釘崎の共鳴りを喰らい、その隙に虎杖の攻撃でトドメを刺された。