呪術廻戦

【呪術廻戦】伏黒甚爾(禪院甚爾)の死亡シーン

呪術廻戦の登場キャラクターである伏黒甚爾。甚爾は作中で死んでしまうキャラクターです。甚爾の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

伏黒甚爾(禪院甚爾)の死亡シーン

伏黒恵の父親。盤星教時の器の会から3000万円の報酬で星漿体天内理子の暗殺の依頼を受ける。闇の匿名掲示板で天内に3000万円の懸賞金をかけ、呪詛師に天内護衛を務める五条と夏油を狙わせさせる。呪詛師による天内殺害は失敗に終わったが、これは五条を削るための甚爾の策に過ぎず、懸賞金失効後五条が術式を解いた一瞬の隙を突いて五条に奇襲を仕掛ける。発動中の術式を強制解除させる効果を持つ特級呪具天逆鉾で五条の無下限呪術を破って五条にトドメを刺し、薨星宮に向かった夏油と天内を追う。夏油と交戦し打ち負かし、盤星教の依頼通り天内を殺し、任務を遂行する。

天内の遺体を盤星教に引き渡し報酬を受け取った帰り、反転術式によって生き残っていた五条が待ち構えており、違和感を感じながらも再び五条と対峙。甚爾が感じた違和感は、覚醒し現代最強となった術師五条悟を捩じ伏せてみたくなったことにある。普段の甚爾なら「タダ働きなんてゴメンだ」と戦いは避けていたはずだったが、自分を否定した呪術界の頂点を否定したくなり、いつもの自分を曲げてしまったことが甚爾が感じた違和感だった。甚爾は無下限呪術を熟知しており、五条の無下限呪術も赫も蒼も対応できると踏んでいたが、未知の呪術である茈には対処できず、左半身を失い勝負を諦め五条をトドメを刺された。