呪術廻戦

【呪術廻戦】真人の死亡シーン

呪術廻戦の登場キャラクターである真人。真人は作中で死んでしまうキャラクターです。真人の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

真人の死亡シーン

人間への恐れから生まれた未登録の特級呪霊。渋谷事変で五条悟封印後、虎杖と交戦。分身体を生み出し釘崎を戦闘不能に追い詰め、虎杖も心を折る寸前まで追い詰める。東堂が駆けつけ、虎杖と東堂の連携に苦戦するも、戦いの最中呪力の本質を掴み遍殺即霊体となり虎杖と戦うが、虎杖の全力の黒閃に敗れていく。敗北後、現れた夏油に取り込まれ、極ノ番「うずまき」にされ死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です