呪術廻戦

【呪術廻戦】祈本里香の死亡シーン

呪術廻戦の登場キャラクターである祈本里香。里香は作中で死んでしまうキャラクターです。里香の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

祈本里香の死亡シーン

乙骨憂太に憑く特級過呪怨霊。乙骨の同級生で2011年に交通事故で亡くなったが、呪いに転じ乙骨に取り憑いた。2017年12月24日の百鬼夜行で夏油との戦いで乙骨が自らを生贄とした呪力の制限解除を発動。夏油との戦いに勝利した直後に解呪に成功するが、実は里香が乙骨に呪いをかけたのではなく、乙骨が里香の死を拒んだことで呪いとなっていたことが明らかになる。呪いをかけた乙骨が主従関係を破棄したことで里香は本来の姿を取り戻し、笑顔のまま成仏していった。