ブリーチ

【ブリーチ】死亡キャラクター・死亡シーン一覧

ブリーチの死亡キャラクターをこちらにまとめています。ブリーチの死亡キャラや死亡シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。

目次
  1. ブリーチの死亡キャラクター・死亡シーン一覧
    1. 作中で死んでしまうキャラクター
    2. すでに死亡してしまっているキャラクター

ブリーチの死亡キャラクター・死亡シーン一覧

作中で死んでしまうキャラクター

フィッシュボーンD

一護の家を襲撃してきた虚。死神代行となった一護に両断され死亡した。

ヘキサポダス

一護の家近くの公園に出現した虚。死神代行としての仕事を引き受けることを決めた一護に両断され死亡した。

アシッドワイヤー

井上昊の虚。織姫に襲いかかるが、織姫や一護の言葉で一時的に正気を取り戻し、一護にとどめを刺され死亡した。

シューリーカー

生前連続殺人犯だった虚。ルキア・茶渡・一護と交戦するが、一護の斬魄刀で斬られ、地獄の怪物クシャナーダに地獄へ引き込まれ死亡した。

シバタユウイチ

シューリーカーに魂魄をインコに入れられた少年。長時間肉体を離れたために因果の鎖が切れ、一護がシューリーカーを倒した後に魂葬された。

バルバスG

石田雨竜の撒き餌に引き寄せられた虚。茶渡と交戦し、覚醒した茶渡の拳による一撃で死亡した。

ナムシャンデリア

空座第一高校を襲撃した虚。盾舜六花に覚醒した織姫の孤天斬盾で両断され死亡した。

グランドフィッシャー

黒崎一護の母黒崎真咲を殺害した虚。コンを一護と勘違いして襲撃するが、死神として復活した黒崎一心に両断され死亡した。

宮原

有沢の空手仲間。ヤミーの魂吸で死亡した。

工藤

有沢の空手仲間。ヤミーの魂吸で死亡した。

ディ・ロイ・リンカー

アランカル・ディエシセイスのグリムジョーのフラシオン。現世でルキアと交戦し、袖白雪による初の舞「月白」で氷結させられ死亡した。

エドラド・リオネス

破面No.13のグリムジョーのフラシオン。現世で一角と交戦し、一角の卍解、龍紋鬼灯丸の前に敗れ死亡した。

ナキーム・グリンディーナ

アランカル・カトルセでグリムジョーのフラシオン。現世で乱菊と交戦し、限定解除を行った乱菊の灰猫で斬り裂かれ死亡した。

シャウロン・クーファン

アランカル・ウンデシーモでグリムジョーのフラシオン。現世で日番谷と交戦し、限定解除を行った日番谷の竜霰架により死亡した。

イールフォルト・グランツ

アランカル・クインセでグリムジョーのフラシオン。現世で恋次や雨と交戦し、限定解除を行った恋次の狒骨大砲を食らい死亡した。

ルピ・アンテノール

第6十刃(セスタ・エスパーダ)の破面。現世から撤退後、虚夜宮で織姫に左腕を修復してもらったグリムジョーに上半身を吹き飛ばされ死亡した。

ドルドーニ・アレッサンドロ・デル・ソカッチオ

破面No.103。虚夜宮内部で一護と交戦し、虚化した一護に敗北。全力で戦ってくれた一護に感謝の念を抱き、一護を追ってきた掃討部隊の前に立ちはだかり交戦し命を落とした。

チルッチ・サンダーウィッチ

破面No.105のプリバロン・エスパーダ。虚夜宮内で石田雨竜と交戦し、雨竜のゼーレシュナイダーの前に敗れる。その後、駆けつけた葬討部隊によって処刑された。

メタスタシア

100年前に藍染によって作られた実験体の虚。ソウル・ソサエティでルキアに海燕ごと斬られ破壊されると虚圏で再構成され、アーロニーロ・アルルエリに取り込まれた。

アーロニーロ・アルルエリ

第9十刃(ヌベーノ・エスパーダ)の破面。虚夜宮で海燕の姿でルキアの前に現れ交戦しルキアの体を貫くも、油断した隙に参の舞・白刀で頭部のカプセルを破壊され死亡した。

メダゼピ

ザエルアポロのフラシオン。恋次と交戦するザエルアポロに呼ばれ戦いに加わるが、恋次の救援に駆けつけた石田に射抜かれ死亡した。

ルミーナ

ザエルアポロのフラシオン。石田のシュプレンガーでダメージを負ったザエルアポロに回復薬として捕食され死亡した。

ゾマリ・ルルー

第7十刃(セプティマ・エスパーダ)の破面。救援に現れた白哉と交戦。白哉の実力には遠く及ばず斬り伏せられ死亡した。

ザエルアポロ・グランツ

第8十刃(オクターバ・エスパーダ)の破面。虚夜宮で恋次・石田と交戦し、途中救援にきたマユリと交戦する。ネムに受胎告知を行った際に体内から超人薬を投与され、感覚のみが超人化したところを刀で刺され死んでいった。

ノイトラ・ジルガ

第5十刃(クイント・エスパーダ)の破面。今度は剣八と交戦し、両手で刀を握った剣八の一刀で深手を負う。とどめを刺さず立ち去ろうとする剣八に挑むが、返り討ちにされ死亡した。

アビラマ・レッダー

破面No.22のバラガンのフラシオン。空座町で吉良イヅルと交戦し、侘助の能力で身動きが取れなくなったところを首を斬り落とされ死亡した。

フィンドール・キャリアス

破面No.24のバラガンのフラシオン。転界結柱を護る檜佐木と交戦し、檜佐木の「風死」の前に恐れをなして逃走。背後から斬られ死亡した。

ジオ=ヴェガ

破面No.26のバラガンのフラシオン。空座町の戦いで砕蜂と交戦し、本気を出した砕蜂の弐撃決殺を食らい死亡した。

ウルキオラ・シファー

破面No.4の十刃。一護と交戦し、刀剣解放第二階層を行い一護を戦闘不能状態まで追い詰めるが、完全虚化を果たした一護に逆に追い詰められてしまう。理性を取り戻した一護と決着をつけようとするが、完全虚化時の一護からのダメージによって灰化が始まってしまい、織姫とのやり取りから「心」を理解しながら消滅していった。

フーラー

超巨大な虚。ワンダーワイスとともに現世に現れる。白のスーパーキックを食らい死亡した。

バラガン・ルイゼンバーン

第2十刃の破面。砕蜂・大前田と交戦し、最後は救援に駆けつけたハッチに老いの力に侵された右腕を体内に転送され、自身の老いの力で消滅していった。

リリネット・ジンジャーバック

コヨーテ・スタークのフラシオン。京楽らとの戦いで狼がすべて倒されたことが原因で死亡している。

コヨーテ・スターク

第1十刃(プリメーラ・エスパーダ)の破面。空座町で京楽と交戦し、花天狂骨による特殊な戦いに敗れ死亡した。

東仙要

元護廷十三隊九番隊隊長。空座町での戦いで狛村・檜佐木と交戦し、檜佐木の風死による攻撃で敗北。二人と和解した直後に藍染に始末され死亡した。

ワンダーワイス・マルジェラ

藍染が崩玉から作り出した改造破面。空座町に現れ元柳斎の流刃若火の炎を封じる。流刃若火を封じられた元柳斎と交戦するも、双骨を喰らい粉々に砕け散り死亡した。

市丸ギン

元護廷十三隊三番隊隊長。藍染への復讐を果たすべく、神殺鎗の能力で藍染を倒し崩玉を奪うことに成功するが、すでに崩玉が無くともその力を身に宿していた藍染に斬られてしまう。そして、乱菊に看取られながら死亡した。

ヤミー・リヤルゴ

第0十刃(セロ・エスパーダ)の破面。斬魄刀を解放し正体を第0十刃であることを明かし、一護らの援護に来た白哉と剣八と交戦。死闘の末に敗北し、子犬クッカプーロに寄り添われながら死亡した。

沓澤ギリコ

XCUTIONのメンバー。銀城から一護から奪った力をもらうと剣八と交戦するも瞬殺された。

銀城空吾

XCUTIONのリーダ格。月島に斬られたことで本性を現し、一護の完現術を奪い一護・石田と交戦。死神の力を取り戻した一護に敗北し死亡した。死後は流魂街に流れ着く。

月島秀九郎

かつてXCUTIONのリーダーだった男。銀城と画策し一護の完現術を奪うと、現世に現れた白哉と交戦。白哉に敗れると、獅子河原に担がれながら自分が独りではないことに気づきながら死んでいった。

雀部長次郎

護廷十三隊一番隊副隊長。黒陵門の警備に当たっていたところ見えざる帝国の襲撃に遭い、ドリスコールに卍解を奪われ殺害された。

リューダース・フリーゲン

見えざる帝国の破面。ユーハバッハへの報告時に未来の話をしてしまったことで怒りを買い始末された。

アズギアロ・イーバーン

見えざる帝国の破面。任務の報告時、リューダースが始末された直後に「お前の役目は終わりだ」とユーハバッハに始末された。

吾里武綱

護廷十三三番隊第三席。星十字騎士団の一度目の侵攻にて、バズビーに瞬殺された。

片倉飛鳥

護廷十三三番隊第六席。星十字騎士団の一度目の侵攻にて、バズビーに瞬殺された。

戸隠李空

護廷十三三番隊第三席。星十字騎士団の一度目の侵攻にて、バズビーに瞬殺された。

吉良イヅル

護廷十三隊三番隊副隊長。見えざる帝国の一度目の侵攻時にバズビーの不意打ちで右半身をえぐられ死亡。その後、マユリに死人として復活させられる。

キルゲ・オピー

見えざる帝国の星十字騎士団の一人で狩猟部隊の統括狩猟隊長。虚園で一護と交戦するも、卍解した一護の速度に対応できず、静血装を解除した隙に浦原の不意打ちで撃ち抜かれた。敗北後、乱装天傀で身体を無理矢理動かし、尸魂界に向かう一護を黒腔内に封じ込めるが、謎の人物の一撃で真っ二つにされ死亡した。

ジェローム・ギズバット

星十字騎士団の一人。尸魂界侵攻時に剣八と交戦し、真っ二つにされ死亡した。

ベレニケ・ガブリエリ

星十字騎士団の一人。尸魂界侵攻時に剣八と交戦し、喉を引きちぎられ死亡した。

ドリスコール・ベルチ

星十字騎士団の一人。尸魂界侵攻時に元柳斎と交戦し、奪った雀部の卍解を使用。憤慨した元柳斎の一太刀で焼き尽くされ死亡した。

ロイド・ロイド(R)

星十字騎士団の一人。ユーハバッハに化け山本元柳斎と交戦し、山本元柳斎の卍解による技天地灰塵に敗北する。藍染の元から帰ってきたユーハバッハにとどめを刺され死亡した。

山本元柳斎重國

護廷十三隊の一番隊隊長にして護廷十三隊総隊長。見えざる帝国が侵攻してきた際、ユーハバットと交戦し圧倒し撃破するも、その正体がユーハバッハに化けていたRのロイド・ロイドと明らかになる。直後現れた本物のユーハバッハに卍解を奪われた上、体を両断され死亡した。

卯ノ花烈(卯ノ花八千流)

護廷十三隊四番隊隊長。初代剣八として更木剣八に手解きを行うこととなり、無間で剣八と死闘を繰り広げる。死闘の末、剣八の能力を開花させたことに満足しながら死んでいった。

バンビエッタ・バスターバイン

見えざる帝国の星十字騎士団の一人で「E」の聖文字を授かった滅却師。尸魂界への第二侵攻時、大爺の元に心臓を置き人化の術を使用し不死となった狛村の前に敗れる。瀕死の状態を負い動けなくなったところに現れたジゼルにとどめを刺され、ゾンビに改造された。

蒼都

Iの字を与えられた星十字騎士団。二度目の尸魂界侵攻で日番谷に敗北し、敗北者への処断でハッシュヴァルトに処刑された。

BG9

「K」の聖文字を授かる星十字騎士団の一員。二度目の尸魂界侵攻で卍解を奪い返した雀蜂に敗北。敗北者の断罪にて、蒼都と共にハッシュヴァルトに処刑された。

マスク・ド・マスキュリン

「S」の聖文字を与えられた星十字騎士団の一員。二度目の尸魂界侵攻時に零番隊の元で修行を積んで「双王蛇尾丸」を会得した恋次に歯が立たず、蛇牙鉄炮で消し炭になって死亡した。

ジェイムズ

マスキュリンの付き人。二度目の尸魂界侵攻時にマスキュリンと共に恋次らと交戦。マスキュリンのスター・フラッシュスーパー・ノヴァに巻き込まれ消滅し、そのまま復活させられることなく死亡した。

エス・ノト

星十字騎士団の一員でFの聖文字を与えられている。二度目の尸魂界侵攻時にルキアと交戦し、零番隊離殿で修行を終え、力を増したルキアの卍解で完全に氷結され死亡した。

グエナエル・リー

グレミィが生み出した空想の産物。尸魂界二度目の侵攻時に勇音・やちるの前に現れ交戦するも、やちるの動物的勘と始解「三歩剣獣」に苦戦。製作者であるグレミィが現れ、「もう君の未来を想像できない」と始末された。

グレミィ・トゥミィー

星十字騎士団の一員でVの聖文字を与えられている。二度目の尸魂界侵攻時に剣八と交戦。夢想家の能力で次々と空想による攻撃を繰り出すが剣八にことごとく打ち破られ自身も剣八と同じ力を持つ姿になるよう想像するが、身体が耐えきれず自壊し消滅した。

ヤス

護廷十三隊十一番隊隊員。剣八がグレミィを倒した直後に現れたキャンディスの雷撃を浴び死亡した。

哲造

護廷十三隊十一番隊隊員。剣八がグレミィを倒した直後に現れたキャンディスの雷撃を浴び死亡した。

ニャンゾル・ワイゾル

星十字騎士団の一員でWの聖文字を与えられている。霊王宮で千手丸に衣服を改造され、服の内部から針で貫かれ死亡した。

ロバート・アキュトロン

星十字騎士団の一人でNの聖文字を与えられている。二度目の尸魂界侵攻時にユーハバッハの聖別の光を浴び、白骨化し死亡した。

霊王

尸魂界の王。霊王宮に侵攻しにきたユーハバッハに殺された。

ナナナ・ナジャークープ

星十字騎士団の一員でUの聖文字を与えられている。聖別を生き残り、無防備の能力で藍染を一時拘束するが、裏切ったバズビーの不意打ちで撃ち抜かれ死亡した。

涅ネム

護廷十三隊十二番隊副隊長。霊王宮にてペルニダと交戦し、、義魂重輪銃を放った反動で動けなくなった隙を突かれ、全身にペルニダの神経を打ち込まれて粉微塵となり死亡した。肉片が喰らわれる直前に大脳だけはマユリに回収され、血戦後、この大脳を元に眠八號が製造されている。

ペルニダ・パルンカジャス

星十字騎士団でユーハバッハ親衛隊の一人。ネムの脳下垂体に埋め込まれていた強制細胞分裂加速器官を取り込んだことで、過剰成長を起こし死亡した。

リジェ・バロ

星十字騎士団ユーハバッハ親衛隊の一人で、Xの聖文字を与えられている。真世界城で京楽・七緒と交戦し、七緒の八鏡剣で自身の力を反射され体を真っ二つにされ四散。その後の生死は描かれていないが、小説版で「親衛隊は全滅した」と明かされたことから死亡したと考えられる。

アスキン・ナックルヴァール

星十字騎士団ユーハバッハ親衛隊の一人で、Dの聖文字を与えられている。真世界城で夜一や喜助らと交戦。喜助の卍解の能力で遮断された領域内に乱入してきたグリムジョーに胸を貫かれ死亡した。

ジェラルド・ヴァルキリー

星十字騎士団ユーハバッハ親衛隊の一人でMの聖文字を与えられている。真世界城で護廷十三隊隊長らと交戦し、「奇跡」の能力で巨大化。剣八・日番谷・白哉の卍解で粉砕させられるが、能力によって復活を遂げる。交戦中、「我が子たる星十字騎士団も必要無い」と判断したユーハバッハの聖別で力を奪われ、白骨化し死亡した。

ユーグラム・ハッシュヴァルト

星十字騎士団団長。真世界城で石田の裏切りを看破し交戦。ユーハバッハの星別で力を奪われ、石田に「お前は友を助けに行くべきだ」という言葉を残し死んでいった。

ユーハバッハ

滅却師の租であり、見えざる帝国の皇帝。石田が放った「静止の銀」の効果で一瞬すべての力を失い、一護の斬月に斬られ完全に敗北した。死の間際、現世・尸魂界・虚圏を統一して生死の境をなくし、命あるすべてのものを死の恐怖から解放するという目的を一護に語りながら消滅していった。

浮竹十四郎

護廷十三隊十三番隊隊長。己の臓腑すべてを捧げる神掛を行い、霊王の身代わりとなって世界の崩壊を防ぐが、ユーハバッハがその力を奪ったため浮竹は倒れてしまう。その影響で病気が進行し病死してしまい、10年後の世界では死んでしまっている。

すでに死亡してしまっているキャラクター

井上昊

井上織姫の兄。3年前に事故で死亡している。

黒崎真咲

黒崎一護の母親。一護の9歳の頃、グランドフィッシャーから一護をかばい死亡した。

石田宗弦

石田雨竜の祖父であり師匠。巨大な虚5体に襲われ、死神の援護が遅れたために戦死してしまった。

吉良景清

吉良イヅルの父親。墓に名前が刻まれていることから作中ではすでに死亡している。

吉良シヅカ

吉良イヅルの母親。墓に名前が刻まれていることから作中ではすでに死亡している。

蟹沢ほたる

真央霊術院の六回生。檜佐木らとともに魂葬に出向くが、巨大虚に襲われ死亡した。

青鹿

真央霊術院の六回生。檜佐木らとともに魂葬に出向き、突如現れた巨大虚に応戦するが返り討ちにされ死亡した。

志波都

元十三番隊第三席にして海燕の妻。偵察隊としてメタスタシアの偵察に赴くが、メタスタシアに胸から下を食われ死亡した。

志波海燕

元十三番隊副隊長。妻の仇である虚メタスタシアに一人で戦いを挑むが、霊体ごと融合させられてしまう。メタスタシアに体を乗っ取られ、最期はルキアに刺され死亡した。

鬼厳城剣八

護廷十三隊十一番隊十代目隊長にして、十代目剣八。隊長となり有頂天になっていたところに更木剣八から決闘を挑まれ敗北し死亡した。

朽木緋真

朽木白哉の妻で木ルキアの姉。白哉と結婚して5年後、白哉に看取られながら死んでしまった。

衛島忍

110年前の九番隊第四席。消失した先遣隊の調査に向かったところ、東仙の裏切りに遭い殺された。

藤堂為左衛門

110年前の九番隊の第六席。消失した先遣隊の調査に向かったところ、東仙の裏切りに遭い殺された。

笠城平蔵

110年前の九番隊の第三席。消失した先遣隊の調査に向かったところ、東仙の裏切りに遭い殺された。

ガメルガ

破面となる前のバラガン配下の虚。虚夜宮へ現れた藍染らに葬られた。

ザイドリッツ

見えざる帝国の一員。過去の戦いで元柳斎に敗れ死亡している。

アルゴラ

見えざる帝国の一員。過去の戦いで元柳斎に敗れ死亡している。

ヒューベルト

見えざる帝国の一員。過去の戦いで元柳斎に敗れ死亡している。

ホワイト

藍染によって生み出された死神の魂を重ねてできた虚。現世で一心と互角の戦いを繰り広げている最中、黒崎真咲に矢で射られ自爆。自爆し真咲と融合する。

片桐叶絵

石田雨竜の母。混血統滅却師であったためにユーハバッハが行った滅却師の選別「聖別」で力を奪われる。身体が弱かったために聖別に耐えきれずに死亡した。

眠壱號

被魂魄計画・眠によって作られた最初の個体。製造には失敗し遺財となっている。

眠弐號

被魂魄計画・眠によって作られた2番目の個体。製造には失敗し遺財となっている。

眠参號

被魂魄計画・眠によって作られた3番目の個体。製造には失敗し遺財となっている。

眠四號

被魂魄計画・眠によって作られた4番目の個体。脳髄はできたも、製造には失敗し遺財となっている。

眠五號

被魂魄計画・眠によって作られた5番目の個体。胎児まで進化したが死亡している。その技術がマユリの斬魄刀に応用されている。

眠六號

被魂魄計画・眠によって作られた6番目の個体。二歳相当まで成長したが、そこで細胞が分裂しなくなって死亡した。

他作品の死亡キャラ情報はこちら

▼LINE登録でお得情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です