ドラクエ11

【ドラクエ11】アーウィンの死亡シーン

ドラクエ11の登場キャラクターであるアーウィン。アーウィンはゲーム中で死亡してしまうキャラクターです。アーウィンの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

アーウィンの死亡シーン

ウルノーガの騙し討ちに遭い死亡

主人公の実の父親。ユグノアが魔物に襲われた際、エレノアや主人公たちを逃がすために魔物たち相手に奮戦。しかし、最後は非戦闘員をかばいながら逃げ続けるのが困難と悟り、妻子を逃して自らが足止め役となる。追ってきたデルカダール王に憑依したウルノーガの騙し討ちに遭い、妻子を守りきれなかった無念を抱いたまま死んでいった。

死後は嘆きの戦士に

死後も妻子を守れなかった絶望をバクーモスのエサにされ、嘆きの戦士と化してしまう。妻のエレノアはアーウィンを救ってくれる人間が現れることを祈り続け、その祈りが主人公たちに届き、元凶であるバクーモスへ導いた。主人公たちがバクーモスを倒すとウルノーガに奪われていた主人公の勇者の力を復活させ、天に召されていった。