ドラクエ11

【ドラクエ11】ウルノーガの死亡シーン

ドラクエ11の登場キャラクターであるウルノーガ。ウルノーガはゲーム中に死亡してしまうキャラクターです。ウルノーガの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

ウルノーガの死亡シーン

天空魔城の戦いで死亡

ドラクエ11におけるラスボス。ホメロスが命の大樹で主人公たちを倒した直後に現れ、主人公から勇者のチカラを奪い取り、大樹の勇者のつるぎを魔王の剣に変える。その力で大樹を地に堕とし世界を崩壊させる。

天空魔城にて主人公たちを待ち受け、最深部で戦闘となる。一度主人公たちに敗れると魔王の剣の力を解放して巨大な竜の骸骨のような化け物、邪竜ウルナーガと魔王ウルノーガへと姿を変える。しかし、再び主人公たちに敗れ、天空魔城の崩壊と共に死亡した。

過ぎ去りし時を求めた世界では正体を見破られる

主人公が過ぎ去りし時を求めた世界では、命の大樹でホメロスが主人公たちに敗れたことで勇者の剣を手にできずに終わる。その後、デルカダール城に招いて宴を開き、主人公が寝ている隙に勇者のつるぎを奪おうとするが、ニズゼルファの精神体に阻まれデルカダール王に憑依していたことがバレてしまう。玉座の間で主人公たちと対峙するが、再び敗れ死亡する。