FF10

【FF10】死亡キャラクター・死亡シーン一覧

FF10の死亡キャラクターをこちらにまとめています。ゲーム中の死亡キャラや死亡シーンを振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。

FF10の死亡キャラクター・死亡シーン一覧

チャップ

ワッカの弟。討伐隊に入ったが、ジョゼ海岸でシンと戦い死んでしまった。

ブラスカ

ユウナの父親。シンを倒すために召喚士となり、究極召喚のために命を捧げて死亡した。

ルッツ

討伐隊の青年でガッタの先輩。選択肢次第でミヘン・セッションで死んでしまう。

ガッタ

討伐隊の青年でルッツの後輩。ミヘン・セッションで後方支援に回されるが、会話の選択肢次第で勝手に前線に向かい、シンとの戦いで命を落としてしまう。

ジスカル=グアド

シーモアの父親。過去に母親と共にバージ寺院に流したことを恨まれ、シーモアに殺されてしまった。

ウェン=キノック

エボンの四老師の一人。ユウナたちが浄罪の路を突破した際の刺客として放たれたシーモアを監視するために付いていったが、シーモアに「用済み」とされ殺されてしまった。

ベルゲミーネ

旅先でユウナに召喚獣バトルを挑んでくる召喚士。実は死人ですでに死んでいることがレミアム寺院で明かされる。

ギンネム

ルールーがかつて召喚士を務めた女性召喚士。盗まれた祈り子の洞窟で魔物に襲われて命を落としてしまった。

エンケ=ロンゾ

ビランと共に行動しているロンゾ族の戦士。ガガゼト山でティーダらを追うシーモアの行く手を阻むが、返り討ちに遭い殺されてしまった。

ビラン=ロンゾ

ロンゾ族の戦士で「ビラン大兄」と呼ばれ慕われている。ガガゼト山でティーダらを追うシーモアを止めようとするが、返り討ちに遭い殺されてしまった。

ケルク=ロンゾ

ロンゾ族の長でエボン四老師の一人。老師を辞めた後ガガゼト山に戻り、ユウナを追うシーモアの行く手を阻むが返り討ちに遭い殺されてしまう。

ヨンクン

100年前にシンを倒した三人目の大召喚士。究極召喚で命を落としている。

ガンドフ

約400年前にシンを倒した初代大召喚士。究極召喚で命を落としている。

オハランド

約230年前にシンを倒した二人目の大召喚士。究極召喚で命を落としている。

他FF作品の死亡キャラクター