ハンターハンター

【ハンターハンター】コムギの死亡シーン

ハンターハンターの登場キャラクターであるコムギ。コムギは作中で死んでしまうキャラクターです。コムギの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

コムギの死亡シーン

軍儀の世界王者。討伐隊の作戦開始直後、ゼノのドラゴンダイヴによって腹部を貫かれ瀕死の状態に。ピトーの治療で回復するが、ゴンによってカイトを元に戻すまでの人質としてナックルらに預けられる。その後、地下に隠されるがメルエムが探し出し、余命間も無いメルエムと軍儀を打つことに。メルエムが毒に犯され、それが伝染することも告げられるが、コムギも最期の時間をメルエムと共に過ごすことを選んだ。メルエムが死ぬ直前まで軍儀を続け、メルエムの死を看取った後貧者の薔薇の毒で死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です