ハンターハンター

【ハンターハンター】ネフェルピトーの死亡シーン

ハンターハンターの登場キャラクターであるネフェルピトー。ネフェルピトーは作中で死んでしまうキャラクターです。ネフェルピトーの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

ネフェルピトーの死亡シーン

キメラアントの王直属護衛軍の一人。王宮でゴンと対峙するが、危篤状態のコムギを治療するため、カイトを元に戻すことを約束しゴンに降伏。コムギの治療後、コムギを保護という名目の人質にされカイトの元に向かうが、途中プフの策略でコムギが救出されたと思い込み、カイトがすでに死んでおり元に戻すことはできないことを伝えゴンと対峙。王にとって脅威になり得る可能性があるゴンを殺害しようとするが、「二度と念能力を使えなくなってもいい」という覚悟で無理矢理ピトーを倒せる力を得たゴンに圧倒され頭を砕かれ殺される。が、死後さらに強まる念によって黒子舞想(テレプシコーラ)が発動し、死体となってもなおゴンに襲いかかる。ゴンの右腕を切断するも、超強力なジャジャン拳を食らい完全に死亡した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です