鬼滅の刃

【鬼滅の刃】響凱の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターである響凱。響凱は作中で死んでしまうキャラクターです。響凱の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

響凱の死亡シーン

鼓屋敷の主で、元十二鬼月の鬼。鼓屋敷にやって来た炭治郎と対峙。鼓を使った血鬼術で炭治郎を苦戦させたが、隙の糸を嗅ぎ取られ頚を斬られてしまった。頚を斬られたものの、炭治郎が自身が書いた小説や鼓を認めてくれたことに感謝しながら死んでいった。