鬼滅の刃

【鬼滅の刃】お堂の鬼の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターであるお堂の鬼。お堂の鬼は作中で死亡してしまうキャラクターです。お堂の鬼の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

お堂の鬼の死亡シーン

炭治郎が狭霧山に向かう途中のお堂で人間を捕食していた鬼。炭治郎&禰豆子と交戦し、頭を飛ばされ斧で動きを封じられる。炭治郎がトドメを刺せないまま朝を迎え、太陽の光で消滅していった。