鬼滅の刃

【鬼滅の刃】手鬼の死亡シーン

鬼滅の刃の登場キャラクターである手鬼。手鬼は作中で死亡してしまうキャラクターです。手鬼の死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまったか振り返りたい方はご参考ください。

手鬼の死亡シーン

鬼殺隊の最終戦別の部隊である藤襲山に生息している鬼。鱗滝に深い恨みを持ち、鱗滝の弟子の印である仮面をつけた竈門炭治郎と交戦。炭治郎に隙の糸の匂いを嗅ぎ取られ、頚を斬られてしまった。最期は炭治郎に手を取られたことで、人間時代兄に手を握られたことを思い出しながら死んでいった。