ジョジョ第3部

【ジョジョ第3部】偽キャプテン・テニールの死亡シーン

ジョジョ第3部の登場キャラクターである偽キャプテン・テニール。偽キャプテン・テニールは作中で死んでしまうキャラクターです。偽キャプテン・テニールの死亡シーンを解説しているので、どのように死んでしまうか振り返りたい方はご参考ください。

偽キャプテン・テニールの死亡シーン

本物のキャプテン・テニールを殺害しすり替わっていたDIOの手下。ジョースター一行がスピードワゴン財団からチャーターした船で香港からシンガポールへ目指した際に船長に変装し同船。「スタンド使いはタバコの煙を吸うと鼻の頭に血管が浮き出る」という承太郎の嘘に引っかかり正体がバレる。ダークブルームーンで承太郎を水中戦に引きずり込み、得意の水中戦で承太郎を始末しようとするが、スタープラチナの流星指刺」でダークブルームーンが顔を切り裂かれ、本体の偽キャプテン・テニールも死亡した。

▼LINE登録でお得情報を配信中▼
友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です